宮城にある浄土真宗の寺【願立寺】は、宮城の日本三景で知られる松島の近くにある浄土真宗の寺です。

宮城県で合葬墓を利用するなら浄土真宗の寺【願立寺】~合葬墓へ改葬するタイミング~

合葬墓へ改葬したいけどタイミングが分からずお悩みの方も多いのではないでしょうか?こちらでは、合葬墓へ改変するタイミングをご紹介しております。

宮城県で合葬墓の利用をお考えなら浄土真宗の寺【願立寺】~永代供養・墓地管理に対応~

宮城県で合葬墓の利用をお考えなら浄土真宗の寺【願立寺】~永代供養・墓地管理に対応~

宮城県で合葬墓の利用をお考えでしたら、【願立寺】へご連絡ください。日本三景で有名な宮城県の松島からほど近い、宗旨「浄土真宗」・宗派「真宗大谷派」の寺です。

「永代にわたって供養できるお墓を探している」、「法名を生前に頂戴したい」といったご要望はございませんか。【願立寺】では、永代供養をはじめ、合葬墓の管理や法名の授与などを行っております。

また、葬儀・法事などの儀式も承ることが可能です。宮城県で合葬墓をお探しの方は、お気軽に【願立寺】へお問い合わせください。お電話もしくはメールで承っております。

合葬墓へ改葬するタイミングはいつ?

合葬墓へ改葬するタイミングはいつ?

合葬墓へ改葬するタイミングは各家庭事情によって様々です。

ここでは、合葬墓へ改葬するタイミングの例をいくつかご紹介いたします。

体力面で衰えを感じたタイミング

年を重ねていくうちに、体力的にも精神的にも衰えや疲れを感じてくるものです。動けなくなってからではお墓の管理はもちろん、改葬もできません。

体力面・精神面でお墓の管理が難しいと感じたときが改葬のタイミングです。

墓地から離れるタイミング

転勤や結婚などのきっかけにより、お墓を管理しているご本人がその土地から遠方に移動してしまう場合、今までのようには管理やお墓参りができなくなってしまいます。

管理しやすいように引っ越しのタイミングと合わせて、お墓も一緒に改葬することをおすすめします。

お墓の管理者が亡くなったタイミング

もともとお墓を管理していた方が亡くなった場合、そのままにしていてはお墓も荒れてしまいます。後継者が管理できるようにするためにも、お墓の管理者の納骨時に改葬するのも選択肢の一つです。

いずれにせよ、お墓を改葬することは故人様にとってもご家族にとっても重大なことです。合葬墓へ改葬する際は、後々トラブルに発展しないためにも、ご家族や親族の皆様でよく話し合ってから決めるようにしましょう。

合葬墓へ改装するために必要な書類「改葬許可証」について

改葬許可証とは

改葬許可証は、改葬(お墓の移転)手続きの際に必ず必要となる書類です。この書類を取得せずに改葬することは法律で禁止されていますので、必ず移転元となるお墓がある自治体で発行してもらうようにしましょう。

改葬許可証を申請するために必要な書類

改葬許可証を申請するためには、以下の3種類の書類が必要となります。

・埋葬証明書

移転元となる現在のお墓に遺骨が埋葬されていることを証明する書類です。書類の様式は様々ですが、墓地管理者の印鑑は必ず必要となります。手数料は自治体によって異なり、300円~1,500円程度が一般的です。

・受入証明書(改葬受入証明書)

遺骨の新たな受け入れ先(移転先)の墓地管理者に受け入れを証明してもらう書類です。こちらも書類の様式に決まりはなく、自治体や移転先で準備されている場合があります。手数料はかからないことが一般的です。

・改葬許可申請書

移転元となる自治体に、改葬の許可を申請するための書類です。各自治体で準備されている申請書に必要事項を記入し、埋葬証明書・受入証明書と共に提出することで改葬許可証を受け取ることができます。手数料は自治体によって異なり、無料の場合もありますが、1,000円程度かかることもあるようです。

このように、合葬墓へ改葬する際には移転元・移転先それぞれの自治体や管理者から許可を得て、改葬許可証を取得することが法律によって定められています。

宮城県で合同墓への改葬をお考えの方は、【願立寺】までご相談ください。

宮城県で合葬墓の相談をしたいとお考えなら【願立寺】までご相談ください。日本三景で知られる松島の近くにある浄土真宗の寺です。永代供養・墓地管理・生前法名の授与、その他葬儀から法事まで行っております。

お役立ちコラム

宮城県で合葬墓の利用をお考えなら【願立寺】へ

宗旨宗派 浄土真宗 真宗大谷派
経営主体 宗教法人 願立寺
所在地 〒981-0212 宮城県 宮城郡松島町磯崎字蟹松14
電話番号 022-354-3552
URL http://ganryuji.net