宮城にある浄土真宗の寺【願立寺】は、宮城の日本三景で知られる松島の近くにある浄土真宗の寺です。

宮城の浄土真宗(真宗大谷派)の寺なら【願立寺】~浄土真宗の法名とは~

浄土真宗の法名について

親が願いを込めて名付けた名前を「俗名」と言います。他宗では出家した僧に対して戒律を守る誓いとして与えられます。浄土真宗では受戒はしないので、「戒名」という言い方はしません。仏法に帰依した人ということで、「法名」と言います。法名とは、新しく仏道生活に入った人がいただく名前で、仏教徒としての自覚を持って生きていく証でもあります。生前に法名をいただいていなかった人には、葬儀の際、所属寺院の住職に法名をつけていただきます。

仏教徒としての名乗りである「法名」は、拝む私と拝まれる仏との出遇いの場です。亡き人を偲びつつ、遺された私が「南無阿弥陀仏」と称えて拝む時、目の前に阿弥陀仏が現れる。助ける阿弥陀仏がいて、助かる私がいる。「助けられる」とは、「場所を与えられる」ことです。「悪人正機」とは、「他力」にすべてを任せる「悪人」をこそ救うという仏の願いによって、私が「悪人」と目覚めることが成り立つのです。

「法名」とは、新しく仏道生活に入った人がいただく名前で、帰敬式を受けていただくものです。帰敬式とは、仏教徒としての自覚を持って、仏の教えを聞いて、自分自身を学ぶ歩みの出発となる大切な儀式です。法名はすべて2字で、男性の場合は「釋(しゃく)〇〇」、女性の場合は「釋尼(しゃくに)〇〇」となります。『釋』という文字は、釋尊の釋で、仏弟子を現します。

宮城の浄土真宗(真宗大谷派)の寺で法名の依頼を承ります

宮城の浄土真宗(真宗大谷派)の寺で法名の依頼を承ります

宮城の浄土真宗(真宗大谷派)の寺【願立寺】では、法名の依頼を承ります。法名の授与の際は、ご遺族から生前の職業・故人の思い出・趣味・人柄をお聞きして、仏典の中から選定し、ふさわしい法名を授与するよう心掛けております。

葬儀後には、節目ごとに法事がございます。葬儀だけでなく法事、墓の管理などを総合的にお任せいただけますので、お気軽にご相談ください。

宮城の浄土真宗の寺【願立寺】は日本三景松島にあります

宮城の浄土真宗の寺【願立寺】は日本三景松島にあります

宮城の浄土真宗の寺【願立寺】は、宮城で有名な日本三景松島に設立しております。【願立寺】では、代々門徒として長くお付き合いいただいているご家庭も多くいらっしゃいます。

また、葬儀などの儀式を厳粛に行い、墓の建て方・副葬品や法事の理由・儀礼の意味合いなどもお話しいたしますので、浄土真宗に関することなど疑問がございましたらぜひお問い合わせください。

近年増えている永代供養や、墓に関するお悩みなどのご相談も承ります。

お役立ちコラム

宮城の浄土真宗の寺なら【願立寺】へ

宗旨宗派 浄土真宗 真宗大谷派
経営主体 宗教法人 願立寺
所在地 〒981-0212 宮城県 宮城郡松島町磯崎字蟹松14
電話番号 022-354-3552
URL http://ganryuji.net