宮城にある浄土真宗の寺【願立寺】は、宮城の日本三景で知られる松島の近くにある浄土真宗の寺です。

【宮城郡】永代供養 改葬する際の流れを詳しく解説

お墓の引っ越しである「改葬」を行う人は年々増えています。実際の改葬手順について押さえておきましょう。こちらでは改葬の流れと、お墓の引っ越しサービスの詳細や費用相場についてご紹介します。宮城郡で永代供養をお考えなら、ぜひ願立寺までご相談ください。

永代供養に改葬する流れ

書類を書く老人

「後継ぎがいない」「子供に手間をかけたくない」「遠くてお墓まいりができない」などの理由で、永代供養墓などへ改葬する人が増えています。ここでは、永代供養のお墓に改葬する流れをみていきましょう。

1. 移転先を決定する

まずは移転先を探しながら、現在の墓地の管理者に改葬する旨を伝えましょう。寺院墓地の場合は注意してください。公営や民営の墓地・霊園なら改葬がスムーズですが、寺院墓地は檀家になっているケースもあり、改葬とともに離檀も必要です。場合によっては離檀料がかかるかもしれません。トラブルにならないよう、早めの相談をおすすめします。

2. お墓のタイプ・改葬日を決定する

移転先が決まったら、具体的なお墓のタイプ・エリアを決定します。また同時に改葬日も決定しましょう。

3. 永代使用承諾書をもらう

移転先に申し込んで、永代使用承諾書をもらいます。

4. 改葬許可申請書を作成する

改葬許可申請書は、現在の墓地がある地域の役所で受け取れます。現在の墓地の管理者に署名押印をしてもらいましょう。

5. 役所へ書類を提出する

永代使用承諾書と改葬許可申請書を現在のお墓がある役所へ提出し、改装許可書を受け取ります。

6. 現在のお墓を更地にして返還する

お墓から遺骨を取り出し、墓石を撤去にして更地にしてから管理者に返還します。石材店に依頼することになるため、墓じまいの日が決まったら手配しておきましょう。

7. 改葬先へ納骨する

遺骨を移転先である永代供養のお墓に納骨します。宗教の関係で、供養やお経が必要な場合もあります。

手順を踏んで一つひとつ進めていってください。

宮城郡の願立寺は、永代供養を承っている浄土真宗の寺院です。永代供養に改葬をご検討なら、ぜひ宮城郡の願立寺まで一度ご相談ください。

お墓の引っ越し代行サービスとは

青空の下のお墓と供花

さまざまな事情でお墓のお引越しをする人が増えていますが、手間がかかりそう、改葬をする時間がなかなか取れない、という方も多いでしょう。

そんな方向けに、お墓の引っ越し代行サービスがあります。

1. お墓の引っ越し代行サービスとは

お墓の引っ越し代行サービスは、墓じまいをする上で必要な手続きを代行してくれます。

現在の墓地の管理者との話し合いや、次の墓地を利用するための手配、さらに納骨まででしてもらえるため、依頼した側は親族に墓じまいをする旨を説明し了承を得ること以外、すべてお任せしていればOKです。

2. サービスの費用相場

お墓の引っ越し代行サービスを使う際、気になるのが費用です。業者によって異なりますが、おおよそ30万円の費用がかかります。高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれですが、最高で30万前後なので、15万円ほどから請け負ってくれる業者もあります。

費用を抑える場合は、代行で依頼することと自分で行うことを分け、自分ができそうなものは自分で行うようにすると、費用も削減できるでしょう。

改葬は決して特別なことではありません

お墓の引っ越しと聞くと、とても大掛かりなものに感じてしまうかもしれません。「昔から受け継がれてきたお墓を守るのは当たり前」と考える人もいるでしょうが、現代はその常識が変わりつつあります。

遠方住まいでお墓参りが大変だったり、お墓を継ぐ人がいなかったり、各ご家庭が抱える事情はさまざまです。負担が大きいのであれば、改葬を検討されるとよいでしょう。

宮城郡の願立寺では永代供養を承っています。浄土真宗の教えをもとに、厳粛に儀式執り行う寺院です。宮城郡で永代供養のお墓をお探しなら、ぜひ願立寺までお声かけください。

永代供養のメリットと流れ

宮城郡で永代供養をご希望なら願立寺

経営主体 宗教法人 願立寺
宗旨 浄土真宗
宗派 真宗大谷派
代表者 住職 磯崎 正信
住所 〒981-0212 宮城県宮城郡松島町磯崎字蟹松14
電話番号 022-354-3552
メールアドレス info@ganryuji.jp
お問い合わせフォーム http://ganryuji.net/contact
URL http://ganryuji.net
説明 宮城にある浄土真宗の寺【願立寺】は、浄土真宗の葬儀などを執り行っております。宮城で葬儀をご依頼される際は、ぜひお任せください。